チャンピオンズカップ回顧

  • 2016.12.04 Sunday
  • 17:12

本日、中京競馬で行われた「チャンピオンズカップ」

普段、中央競馬の回顧はしないのですが、

このレースだけは、次走東京大賞典へ向けて大事な一戦!

ジックリ観ました!

大賞典へ向け振り返ってみましょう!

 

優勝は┘汽Ε鵐疋肇ゥ襦

いや〜GL前「一回早いって!!」って声出ましたね(笑)

JBCクラシックの回顧でも書きましたが、同馬は大賞典で!と

思っていたんだすけどね〜

Ε皀鵐疋哀薀奪擦離據璽垢韮隠娃娃娃幼眠瓩1’00”6は、

流石に早い感・・結果、先行勢が苦しんだ流れで最後方からの進めも

4Cインで立ち上がり直線外へ出す「中京パターン」をキッチリ!

「上手く嵌ったな」イメージでした(好騎乗も含め)

ただ、大井であの位置取りは心臓に悪い?

大野騎手の「この時期調子がいいので暮れも」のインタビューは

事実上の「連覇宣言」!?それは重く受け止めましょう!!

 

2着が1番人気の▲▲凜ーディで、これが問題・・

あの行きっぷりの悪さは、何だったんでしょうか?

1Cバカ付き気味で回り道中追い詰めでの追走は

「どうしたの?これはダメか?」の感、

3C前で外へ出すとスッと反応して追い上げも大外回しはロス大

それでいて、ねじ伏せたかのシーンは強い!のですが、

あの道中の感じがB使用の所以くさいですね!

確かに日本TVもJBCクも外からのハナっから外からの進出。

一番強い競馬をしたのは同馬だと思いますが、

大賞典は外枠が欲しいか??

 

3着は、人気ウスぅ▲好ノロマン

この馬が、一番内容は有りだと思います。

前述通り、先行壊滅のペースで唯一先行で頑張った馬

直線外アウォーディに対し併せに行シーンは見所十分でした。

ただ、問題は実績面・・

毎度の指摘通りG汽譟璽垢念貳崕纏襪垢戮は「格」

と、言う意味ではフェブラリーS3着だけだと

チト足らない・・ただ穴馬の刺客は十分では?

 

ノンコノユメは6着・・

昨年2着のレースで去勢明け2戦目、流れも向いたにしては

弾けなかった?の感じですね、サウンドトゥルーより前で競馬し

後方から外回した.フジテイクには先着して欲しかった・・

 

3才馬で走りを注目していたゴールドドリームは12着・・

う〜ん・・この馬は、浦和記念を勝ったケイティブレイブの比較台

にも成るかと見ていたのですが、結果は力負け?

大井・2000Mなら変わる余地は有りですが。

 

コパノリッキーは13着ですか・・

今回ルメール騎手は、カード切った感でしたが・・

ただ、JBCで道中クリソライトに被され、

今回もBSでブライトラインに被され・・

逃げないコパノリッキーで復活のG毅穫⊂,任靴燭、

「被されない」の条項も追加ですかね?

ただ、枠順次第では、まだ見限れないと思います。

 

いかがですか?独断と偏見で回顧してみました。

大賞典まで25日!

まだまだ、時間はあります。

 

今年の大賞典は、何にしても「枠順」がモノを言いそうですね!

当然「馬場傾向」も含めですがね。

 

12月29日を、お楽しみに!!

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

「田倉の予想」商店

「田倉の予想」本紙のダウンロードテストが 下のアイコンからお試しになれます。(無料)

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM